快適に使用する方法|耳鳴りに負けない|耳専門のドクターに任せて

耳鳴りに負けない|耳専門のドクターに任せて

先生

快適に使用する方法

婦人

受診が必要な理由

耳の聞こえが悪くなったと感じた時に受診すべきは耳鼻科が最適ですが、中には耳が遠くなったのは老化によるものと自己判断をして補聴器を使用している人がいるかも知れません。確かに補聴器を取り扱うお店でも聞こえ具合などを検査しますが、専門医のように聞こえが悪くなった原因までは判断することはできません。耳の聞こえが悪くなった状態を難聴と言いますが、難聴にはいくつもの種類があり、中には治療によって症状が改善したり回復する場合もあります。また、耳鼻科の中には補聴器相談医という専門医がいたり、補聴器の専門外来が設けられているところがあり、補聴器が必要な場合は販売店やレンタル店を紹介してくれたり、使用している補聴器が本人に合っているかなどを判断してくれます。

メリットとは

補聴器には室内向きや屋外向きなど色々な種類があり、値段も数千円から30万、40万円と高価なものまで実に様々です。ですが、補聴器は購入以外にレンタルという方法があります。レンタルのメリットは合わなければ別のタイプのものに変えられたり、最新式のものが出た時に気軽に試してみることができる点にあります。もちろん購入した場合でも不具合があれば販売店でいつでも調整してもらうことができますが、耳掛け式を耳穴式に変えたい場合などは新たに購入するしかありません。また、老化による難聴の場合は本人は気づいていない場合や、補聴器を使用することに抵抗を示しているような場合にでも、周囲の人がレンタルをして本人に試してもらうこともできます。