耳鳴りに負けない|耳専門のドクターに任せて

看護師

快適に使用する方法

婦人

自己判断せずに専門医に診てもらうことが耳の聞こえが悪くなった場合は大切です。耳鼻科の中には補聴器相談医や専門外来を設けているところがあり、販売店やレンタル店を紹介してくれたり、使用している補聴器が適切かどうか判断してくれます。

View Detail

アレルギー性鼻炎

病院

近年では、アレルギー性鼻炎で悩んでいる人が少なくありません。アレルギー性鼻炎は遺伝や環境が影響することがあります。症状がひどくなれば、仕事や勉強に大きな影響が出るので耳鼻科の受診がすすめられます。新宿であれば、駅近くに耳鼻科が集まっているので通いやすいです。

View Detail

耳鼻咽喉科を受診しよう

医者

生活習慣を整えよう

風邪をひくと耳が塞がれたような閉塞感や耳鳴りがすることがあります。風邪の症状が治ると耳鳴りも治まりますが、長時間激しい耳鳴りが続く際には早期に耳鼻咽喉科の受診が必要です。突発性難聴は代表的な耳鳴りの病気で、体調不良や日頃の生活環境の乱れから突然に発症します。耳鳴りだけでなく難聴やめまい、精神的な不安が併発して起こる場合もあります。治療には薬物療法を用います。内耳周辺の血流を改善したり、内リンパ水腫と呼ばれるリンパ液のむくみを解消するために利尿薬を用いる事があります。早期に治療を行えば回復も早いのですが、長期に渡る治療では回復しにくい場合もあります。日頃の生活習慣を改善しておくことも予防に繋がるといわれています。

難聴やめまいが併発します

耳鳴りが伴う病気の一つに聴神経腫瘍があります。内耳から脳へ繋がる聴神経は、平衡感覚や聴覚を神経を通じて脳へ伝達します。聴神経は蝸牛神経と前庭神経から構成されていますか、この聴神経腫瘍は前庭神経に発症することがほとんどです。大半の場合良性の腫瘍のため転移の心配はありませんが、脳の周辺にできるとその大きさや位置により脳への影響が現れます。聴神経腫瘍により生じた耳鳴りは腫瘍を取り除くことで回復します。摘出や放射線治療により他臓器の圧迫が無くなると内耳に掛かる負担が減少していきます。耳鳴りは内耳周辺に複雑に絡み合った器官の不具合により生じるため、検査にも時間が掛かります。平衡感覚を司る半規管や顔の神経を伝達する顔面神経などもあり、様々な症状に耳鼻咽喉科は対応できるようになっています。

専門機関の利用で効率良く

女の人

補聴器を適切に利用する事で、聞こえを良くして会話などをスムーズに行う事が出来ます。間違った選び方を防ぐために、事前に耳鼻科を受診して検査を行う事が大切です。人気のものは耳かけ型で、扱いやすく安定性が良い点が好まれています。補聴器外来で専門店を紹介してもらうと効率的です。

View Detail